本文へスキップ
このホームページへのご意見・ご感想はメールにてお願いします
サイト内の内容や画像の無断転用はご遠慮下さい
会則

 2014年9月20日の総会で、会則変更の決議が行われ、会則11に従い、承認されました。

 特に大きな変更点は、会員の年度変更があります。これまでは8月〜翌年の7月までが会期でしたが、これからは4月〜翌年の3月までに変更されます。それに伴いまして、2014年度の会期は移行期としまして、2014年8月1日〜2015年3月15日に変更されます。


1.名称
  本会は、「カンボジアの子ども達の教育を支援する会」と称する。

2.目的
  本会は、カンボジアのアンビシャスな、すなわち夢と志をもった子ども達のための教育を支援することを主な目的とする。
 合わせて日本の子ども達の健全育成に寄与する。

3.活動
  本会は、前記の目的を達成するために次の活動を行う。
 @カンボジアの夢と志をもつ優秀な女子中・高生および大学生への就学支援
 Aカンボジアの小学校・中学校の図書室および図書の寄贈と読書教育の支援
 B日本の子ども達の健全育成に関わる活動
 Cその他本会の目的にかなうと判断される活動

4.組織および会員
  @本会は2の目的に賛同する会員をもって組織する。
  A会員の会費は、年3,000円とする。

5.経費
  本会の活動に関わる経費は会費と寄付金によって行う。

6.会員の退会
  本会は、次の場合、当該会員を退会者として取り扱う。
  @当該会員より事務局に退会の旨、届け出があった場合。
  A3年間、会費の納入がなかった場合。
  B当該会員が死亡した場合。

7.役員
  本会を運営するために次の役員を置く。
 @理事15名程度
 A監事2名
 B代表1名(理事のなかから選出する)
 C副代表2名(理事のなかから選出する)
 D会計1名(理事のなかから選出する)
  理事は総会において選出する。但し、当分の間は発起人の互選により選出する。
  代表、副代表、会計は理事の互選により選出する。監事は理事以外の会員をもってあてる。
 E顧問を4名程度おくことができる。顧問は会員、非会員であることを問わず、理事会の推薦により委嘱する。

8.役員の職務
 @代表は会務を総括し、かつ本会を代表する。
 A副代表は代表を補佐し、代表に事故ある時はその職務を代行する。
  なお、副代表のうち1名は主として会の事務を担当する。
  また他の1名は主として広報と渉外関係の領域を担当する。
 B理事は会務の執行にあたる。
 C会計は会の経理を担当、執行する。
 D監事は会計を監査する。
 E顧問は、理事会および役員に対して必要に応じ会の運営、活動等に関する助言と支援をおこなう。
  役員および顧問の任期は当面2年とする。但し、再任を妨げない。

9.事務局
  会の運営に関わる実務を行うために事務局を置く。
  @本会の事務局は当分の間、福岡県宗像市自由ケ丘西町9−4に置く。
  A事務局は、第7項に挙げる代表、副代表、会計によって構成する。
  B事務局には、代表の委嘱により若干名の庶務担当者を置くことができる。

10.会議
 @総会
 総会では、この会則で規定してあることの他、本会の重要事項に関して審議・決定する。
  1)総会は会員によって構成される。
  2)総会は会員の2分の1以上の出席によって成立する。
   但し、この数の中には委任状分も含めることができる。
  3)総会は通常年1回開催し、代表がこれを招集する。

 A理事会
  理事会では総会に付議すべき事項、総会で決められた事項の執行に関する事項、
  その他本会の活動の執行に関する事項を審議、決定する。
  1)理事会は理事によって構成される。
  2)理事会は理事の2分の1以上の出席をもって成立する。この数の中には委任状を含むことができる。
  3)理事会は必要に応じて代表がこれを招集する。 

11.会計
  @会計の年度は4月1日に始まり、翌年の3月31日をもって終わる。
  A本会の予算および決算は総会の承認を得なければならない。

12.会則の変更
  会則の変更は、総会において会員の過半数の同意を得なければならない。

附  則   
  この会則の施行期日は2007年8月6日からとする。

■2008年8月24日の総会で、会則の一部を改正
■2014年9月20日の総会で、会則の一部を改正